FC2ブログ

お医者さんごっこ

ここでは、お医者さんごっこ に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 俺が10才の小学3年の夏休み、妹礼子小学2年8才、妹の友達美智代も小学2年8才、三人で離れの座敷でままごと遊びをした。俺が主人、美智代が妻、礼子が娘役だった。かわいい料理ごっこしたあと、美智代が「さあ寝ましょうね」という。「うん」と俺は横になる。「さあいいことしましょうね」と美智代が俺のズボンをさげにかかる。「えっなにするの、はずかしい」、「あのね、おとうさんとおかあさんは裸でだきあうのよ」、そういって美智代はたしか花柄のパンツをおろした。「あなたのおちんちんをここにいれて」俺は美智代の割れ目をみた。「よくみえない」「どう、これで」俺は、美智代の割れ目の下に小さな丸い穴があいてるのをみた。はじめてオメコ(オマンコのこと)を見た、「礼子も穴あいてるの?みせて」、礼子はキテイちゃんのパンツをおろして座って両足を広げた。妹もさらにちいさな穴がぽっかりあいていた。「おにいちゃんのおちんちんもみせて」、とうとう俺も裸になって、好奇心の強い女の子ふたりの前に俺のおちんちんがあらわれた。もちろんたつはずがない。「わあ、かわいい、おとうさんのはね、お風呂でみるんだけど、けがいっぱいはえててすごく大きいの」と美智代がいう。「そのおちんちん、ここにはいるかな」と美智代が穴をひろげたままいう、俺は今でいう座位の形でおちんちんを美智代のおめこにあてがった。が、立つわけがない、皮カムリのままくにゃり、くにゃり。「鉛筆ならはいるかも」、俺は筆箱から鉛筆をとりだし、美智代のオメコにそっといれた。「注射だよ」「いたい」といったが入った。礼子のには鉛筆ははいらなかったので細いローソクをもってきてさしてみた。「少しいたい」といいながらもはいった。こうして三人はときどきはままごとやお医者さんごっこをして過ごした。
 俺が小学校5年の夏休みに、父と母の寝室でセックスの白黒の生写真を見た。男のちんちんが女のあそこにはまってるのをみて俺のおちんちんがはじめて興奮してたった。鉛筆の先のようなおちんちんが皮の先から固くなって顔をだしていた。遊びにきていた美智代と妹の礼子を呼んで写真をみせた。ふたりも「すごいっ」てびっくりしてた。「美智代オメコみせて」美智代は白いパンツを脱いで座って両足を広げた。穴をひろげると横にしわしわが見えた。以前のストレートな穴とはちがっていた。こうなってるんだ。俺は鉛筆の先のようなおちんちんを美智代のオメコにあてがった。「はいらないよ」、「これでどう」ふたりで角度をみながら腰を近づけたがはいらない。「ねね、この写真のようにしたら」それは女の両足を肩の上にのせてはめてるのだった。そのとおりに美智代の足を俺の肩にのせてオメコに鉛筆の先のようなおちんちんをあてた。ぐいっと腰をしずめたら少しはいった。「いたーい」美智代は悲鳴をあげた。「いたい、いたい、抜いて」俺はあわてて抜いた。血がついていたように思う。「ごめん」あやまってその日はそれでやめた。写真はみたことがわからないようにもとあったところに隠して、その後もこっそりときどきみては興奮してた。
 中学1年の夏休みにとうとう我慢できなくて礼子を父母の寝室に呼んだ。「この写真のことしよう」「美智代痛がったじゃん」「大丈夫だよ、無理だったらしないから」礼子は小学5年、11才の体だった。割れ目のまわりは産毛がはえていた。おっぱいもすこしづつふくらんでいた。「おおきい!」礼子は毛が生えかかっている俺のおちんちんをみていった。「こわい」「大丈夫、はいるよ」俺は二年前に美智代にしたようなかっこうで礼子の割れ目にちんちんをあててつっこんだ。「いたい、おにいちゃん、いたい」俺のおちんちんは礼子の割れ目につきささった。「おにいちゃん、やめて」、その瞬間俺は目の前が真っ白くなってうまれて初めての快感が全身をつらぬいておちんちんの先からなにか液がとびでた。「あっ」俺はオシッコしたと思ってあわてて抜いた。おちんちんは赤く血がついていた。先から白い液がまたぴゅっととびでた。がくっとなるような快感がまた走った。礼子は泣いていた。「いたい」「ごめん、ごめん、でもこのことは絶対ナイショだよ」、こうして俺は初体験をしてしまった。あんまり気持よかったので、それからもいやがる礼子にマンガやおもちゃ買ってあげる約束してえっちした。美智代もよんでやったら少し痛がったけどこんどはスムーズにはいった。ところがなんどか二人の女の子との可愛いセックスをしているところに、父親にみつかり殺されるかと思うほどものすごくひっぱたかれて、この幼いセックスは終わった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Click Here!
コメント
Click Here!
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kannnou777.blog120.fc2.com/tb.php/322-b582f6fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。