FC2ブログ

惜しかったなー

ここでは、惜しかったなー に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
26日水曜日の8時少し前、
都内から神奈川に向かう某私鉄下り線の車内でのことです。
私はちょっと買い物の後、いつもより2つ先の駅から、
各駅停車(いつもの駅からなら急行なんですが)に乗り込み、
奥のドアのすぐまん前(2列目)に乗っていました。
ドア脇にこちらに背中を向けて乗っている女性(左側)。
美人というほどではないが、ちょっとむっちりとして、
男好きのする顔立ちで、やや派手目のプリントの
ワンピースを着ていました。
むっちり系は好みなので少し気にしていたら、
時々ガラスに映してこちらを確認したり
駅に着いた時に、背中を確認する素振りをしたりします。
もしや‥と、かばんを持った左手をスカートのそばに寄せると、
何と押し付けてきてくれるではありませんか。
スカートの布地は薄く、ガードルなしなので、ヒップの丸みが伝わります。
ガラスに映る彼女の横顔を見詰めながら小指を伸ばします。
ちょうどヒップの谷間の一番上の部分に当たり、
そのまま谷間をソフトに撫で下ろします。
Tバックなのか、谷間の深い切れ込みに、指が吸い込まれる感じがします。
ガラスに映る彼女といっしょん視線が交錯し、
さらにお尻が突き出されます。
降りる駅が近づいてきてしまいました。
かばんを右手に持ち替え、掌で尻の丸みを味わうも束の間、
駅に着いてしまいました。
ドアが開くと、彼女は足元においてあるバッグに手を伸ばし、
さらに尻を突き出してくれました。
ドキドキで降りてきてしまいましたが、
後から考えれば、また乗り込んで、
引き続き堪能させてもらえばよかった‥。
私の降りた駅でさらに車内は混んだはずなので、
うまくすればスカートをこっそりとたくしあげ、
生太ももや生パンティの股間部分をゲットできたかもしれないのに‥。
また会いたいなー。くやんでも、もう遅いですが。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Click Here!
コメント
Click Here!
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kannnou777.blog120.fc2.com/tb.php/328-6e2e7cd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。