FC2ブログ

大阪感嬢戦二日前生マン・生ア○ル

ここでは、大阪感嬢戦二日前生マン・生ア○ル に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホームに上がると戦闘車両に最高の獲物チャン発見。
超ミニ、プリーツスカートにニーソ、十九位?清楚な感じでメチャかわい
い。まるで体験漫画コーナーから飛び出した感じ。
すかさず列にならぶ。俺の前五人くらい彼女のすぐ後ろに同業者。おっと!
横にも同業者がすり寄る。列にちゃんと並ぼうぜ!!
電車が来る。いよいよ正念場。乗り込み際に後ろにいた同業をスルー、彼女
の後ろをゲット。横の同業者が俺の右後から執拗に
押して来るがカバンでカット。彼女のお尻は、やたら背の高いこの同業者以
外からは死角と、まぁまぁのポジション。よし、死角になる左手の勝負!感
嬢戦!出発ッ!
早速、お尻のほっぺに触れてみるが、彼女はレポート用紙を見つめてお勉強
中。学生さん?かな。
丸?いお尻の感触を手の平で確かめる。小ぶりだがとってもかわいいお尻で
す。そのうち彼女はレポート用紙をカバンに入れケータイをいじり出す。騒
がないと見たオレはスカートの中を目指す。
中指をお尻の割れ目に沿わせて手の平全体でお尻を覆い、電車の揺れに合わ
せて上下しながら段々と下に、下に。。。
すぐに人差し指がスカートの裾に到着、まずは親指が、次に人差し指がスカ
ートの中に忍び込む。その間にも中指はスカートの上からお尻の割れ目をソ
フトに上下する。まだ彼女はスカートの中に侵入された事を知らない。
先ずはパンツに軽く触れてみようと人差し指をヌゥ?と伸ばすとさらっとし
た太腿に触れてしまった。おっと!人差し指を引っ込め、今度は慎重にパン
ツに向かってソロリ、ソロリ。到達。パンツ越しのお尻の一番柔らかい辺り
の感触。足をギュっと閉じてる感じが伝わってくる。と、彼女の左手がスゥ
?とオレの手を振り払う仕草。
ここで入替え駅。彼女の正面にいた二人が降りていく。出来た隙間に彼女を
軽く押すと、素直に運転室の壁側の窓に貼り付く。思う壺、そこは一番隅っ
このベストポジション。案外期待してたりして。さらに電車は運転整理2
分。どんどんギュウギュウに。。。背中から足までピッタリ密着状態。再
度、出発ッ!
今度はすぐにスカートを捲り上げ生パンの上から中指でお尻の割れ目をソフ
トに上下。丁寧に丁寧に。。。時々パンツ越しに分かるア○ルちゃん感触。
そこをコショ、コショ。もう先ほどのギュッと閉じた足は柔らかくなり、くす
ぐったいのか足をムニュムニュとオレの足に絡めてくる。(混んで密着状態
だから?)
ここで、いよいよパンツの中に侵入。股間の左側からまず中指が、すぐに人
差し指が。さすがに彼女はビクっとする。周りに神経をとがらせてるオレも
ビクっとしたが、彼女の隣のジィは窓に貼り付いて進行方向を眺めてる。
(よかった。さて、これからじっくり苛めてあげよう。)
彼女のお尻の割れ目の奥は意外とサラっと清潔な感じがして、これがまたか
わいい。俺の中指はキュっと締まる穴に触れてる。(?まだ濡れてない?)
実はここはア○ルちゃんだったのです。ここでクニュクニュと中指で丸を描
くと“ハぅ”と溜息が彼女から漏れ、運転席のガラスに付いた手がズリズリ
と下に下がる。何とも隠微な光景。見知らぬ男にアナルを弄くられ快感に耐
える少女の姿。。。
もっと苛めてあげようと中指はア○ルを刺激しつつ、人差し指を股間のさら
に奥深くうずめて行く。(かなり前付きなのね?)ヒダをかき分けると、そこ
は甘い蜜でトロトロに。。。もう夢中で彼女のマ○コとクリを二本の指で弄
りました。彼女はア○ルを弄くられるのがとても好きなようです。甘い蜜で
いっぱいになった中指をア○ルに戻してクニュクニュすると、下を向いて必
死に快感に耐えています。
下りる駅が近付きパンツから指を抜いてスカートを調えてあげると「え?も
う終わり?」てな表情で軽く振り向きます。こうして、また見知らぬ男の指
にクチュクチュになるまで感じるスケベなお嬢さんがまた一人増えたので
す。あなたも感嬢戦に乗ってみます?
今日もまた感嬢戦は走る。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Click Here!
コメント
Click Here!
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kannnou777.blog120.fc2.com/tb.php/330-fa3e0b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。