FC2ブログ

少女は泣いていた

ここでは、少女は泣いていた に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕方7時過ぎ、新宿の裏通りを歩いていると、小学校5,6年生ぐらいの
髪の長い女の子が目の前を歩いていた。
少女は一人で街灯も少なく、そして人通りも全くない道を歩いている。
僕は他の人がいないことを確認して少女の背後に忍び寄ると、
持っていたタオルで少女の口をふさぎ、「大声出すな、死にたくないだろ」
と言った。
少女はうなずき、体の力を抜いたようだ。
人がいなそうな雑居ビルに連れ込み、いたずらを開始した。
まずはゆっくり胸をもむ。
発育途中のちょっと飛び出した胸をもみ、乳首を舐め上げる。
ときどき体がビクっとなるのがかわいい。
10分ぐらいそうしたあと、メインディッシュのおまんこを
パンツの上からゆっくりなで上げる。
湿っている。
パンツを脱がせると、愛液が糸を引いている。
まだ何本かしか生えてない毛のさらさら感を味わうと、
一気におまんこを舐めた。
そのとき少女はあえぎ声をあげた。
少女の処女のまんこ。
少し臭く、すっぱい感じもする。
そしてお尻の穴も舐める。
ぼくのペニスはもうおさまらない。
少女のおまんこにゴムも着けずに挿入する。
入れた瞬間少女は正気に戻って痛がったようだが構わず入れる。
処女はやっぱり締まりがいい。
5分くらいでいってしまった。
もちろんおまんこの中に。
少女は泣いていた。
その少女は置き去りにし、記念に愛液のたっぷりついたパンツをもらって帰った。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Click Here!
コメント
Click Here!
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kannnou777.blog120.fc2.com/tb.php/337-5132d563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。