FC2ブログ

久しぶりの痴漢体験

ここでは、久しぶりの痴漢体験 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学生の時は、スカートの上からあそこを触ったり、スカートの中に手を入れ
たりしておりましたが、社会人になってからはあまり派手なことはしていませ
んでした。

 最近、ときどき朝早く出勤しなければならないことがあるのですが、今年の
春から早い時間帯にとてもかわいい高校1年生と思われる女の子が乗ってくる
ようになりました。

 彼女の制服の娘は、ラッシュ時間帯に大勢乗ってきます。
 だから、あえてラッシュをさけて通学しているのでしょう。

 ショ?トボブで目がクリットしています。小柄で、まだ胸もそれほど目立ち
ません。
 スカートは膝丈で、ちゃんとパンストをはいており、学校指定の紺の靴下を
きちんとはいている近頃見かけない娘です。

 「こんな娘に思いっきり・・・」と妄想してみても、こんな空いてる車内で
は痴漢など出来るはずもなく、妄想の世界だけのことでした。

 先日、早い時間帯に出勤すると、ホームのいつもの位置で電車を待つ彼女を
見つけました。しかし、電車は予定の時間になっても来ません。
 「○○駅での人身事故のため、遅れております。」との放送がかかり約10
分、ホ?ムには人がごった返しました。そして電車がやって来ました。

 私は、「こんなチャンスは2度とないとの思いが強くなり、無意識のうちに
彼女の直ぐ後ろのポジションを確保しました。
 そして、毎員の電車がホ?ムに滑り込みました。

 彼女はそれを見てちょっとたじろいだようです。「1本遅らせるかな。」と
も思ったのですが、思い切ったように乗車ドアに向かいました。私は心の高鳴
りを沈めるよう努力しつつ、彼女の真後ろから乗車しました。

 乗り込むほんの一瞬のタイミングをのがさず、右手を彼女の横から抱き込む
ようにして下腹部に回します。そして彼女を後ろから押して、彼女の方から右
手にぶつかってきたようにして、あそこにあてがいます。

 私の指に彼女の丘の柔らかいふくらみ、そして股間に吸い込まれるようにな
だらかになっている感触が伝わってきます。まだ、手を動かしていないので彼
女は気がつかないようです。

 そして電車が動き出します。電車の動きにあわせて、自然にあそこの丘の柔
らかな感触を楽しんでいると彼女がピクっ反応しました。そう、さすがに手が
当たっていることには気が着いたようでした。ただ、それが故意によるものか、
偶然そうなってしまったのか分からないようでした。

 次の大きな揺れで、彼女のおしりにズボンの中で勃起した私のモノをおしり
に押し当てます。ちょっと堅い感じでしたが、プリプリした感触が伝わってき
ます。彼女には勃起したモノの感触が思いっきり伝わったことでしょう。
 私の手にも彼女のあそこの感触が伝わってきました。

 深入りは禁物。揺れがもどるとき、前に回した手をさっと引き抜きます。
 彼女はまた確信が持てなくなったはずです。偶然なのか痴漢なのかと。

 その間に私は次の行動に移ります。
 おしりをさわらないように気をつけながら、手を自然にだらりと下げます。
 手のひらでは、制服のプリーツスカートを静かにたくし上げます。ゆっくり
と、そして確実に。
 何度か手を動かすとスカ?トの先までたくし上げることが出来ました。
 そこで、右手をスカートの中に忍ばせます。
 スカートの中は以外に暖かく、空気が違うような感じがします。
 そしてゆっくいと手を上に差し入れていきます。彼女は何も気がつかず、少
し足を開き気味にして電車の揺れに耐えています。この時、足をさわっては気
づかれますので、十分注意しながら、足の間に手を差し入れて行きます。

 そして、電車の揺れが来たとき、指を出来るだけ奥の方に、つまり、前の方
を包み込むように優しくさわります。彼女は一瞬揺れでぶつかったのかと勘違
いしますが、すぐにこの手が自分の大切なところを包み込むように触っている
こと、それも、スカ?トの外からではないらしいこと、スカートが変になって
いることなどを理解します。

 私は少しの間、手を動かさないようにしています。
 すると、彼女は我慢をしているようです。
 私は、彼女のパンストこしのあそこの感触を楽しむことに、全神経を集中し
ます。

 快速もあと1駅、撤退は早めにします。
 まず、揺れを利用して最後の一さわりとして、一瞬、指をあそこに押し当て
ます。
 すると、彼女は体をずらして抵抗しようとしたのですが、その時、もう、手
を引き抜いて普通の状態に戻ります。

 逆にあっさり手が離れたことが、彼女にとって意外なようでした。
 そして、安心したようです。私は何食わぬ態度で、最後のチャンスを待ちま
す。

 駅で停車し、人混みがドアに集中します。 
 その一瞬の人の流れの中で、私は彼女に手を回すようにして右胸の前に差し
入れます。そして後ろから彼女を押します。
 
 すると、まだ小振りですが柔らかい感触が伝わってきます。
 一瞬の間をおいて、胸が男の手で触られていることに気づいたようです。そ
の瞬間、1回だけもんで最高の感触を楽しみ深入りせずに開放します。

 そしてそのまま駅のトイレで思いっきりオナニーをします。


 後日、朝早くホ?ムに行くと、彼女が電車を待っています。
 私が近づいても気にならないようです。どうやら顔は見られていないようで
す。
 また、電車遅れないかな・・・。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Click Here!
コメント
Click Here!
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kannnou777.blog120.fc2.com/tb.php/339-01cc14d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。