FC2ブログ

新幹線

ここでは、新幹線 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴールデンウィークも終わり、短い里帰り(大阪)も終了、一路東京へ。新幹線で長時間痴漢が出来ることを知り、薄手の綿ジャケット(カモフラージュ用)を
持ち今回は始めからその気で餌食を物色する。はやる気持ちを押さえ、好みのタイプを
探す。とはいえ、バレルと完璧に逃げ場がない訳で「絶対に騒がない」ことを前提条件
とした。

時刻は、昼前。小倉発、東京行きの新幹線を待つ。ホームでは、東京へ帰る人で溢れか
えっていて、やはり、自由席の禁煙車両に女性が集中する。前回(正月)は、中学生の
膣口に亀頭の先を埋め込み、射精したが、今回は女子高生から女子大生をターゲットに
する。前から、2両目におとなしそうな、女子大生風を発見。両親が付き添っているの
で、耳を澄まし話を聞くと、今年4月から東京の大学に入り(大学名は確認できず)今
回がはじめての里帰りだったようだ。

すぐ後ろにならぶ。彼女の服装は、タックの付いたフレア気味のミニスカートで紺色の
ハイソックスにスニーカー。上は白トレーナー。身長は160位で痩せ気味。芸能人で
言えば、酒井美紀風でクリクリっとした目が印象的。大きな荷物はなく、背中にプラダ
のリュックを背負っている。左右には小さなポーチと紙袋を持っている。ヒカリがホー
ムに滑り込んできた。ドアが開き、長い列が吸い込まれてゆく。彼女(美紀とする)の
両親は、すでに列から離れ美紀を見送っている。

私は、ドアの前で美紀の前に回り込み、デッキに乗り込む。美紀がデッキに入ったと同
時に体を回れ右して、美紀と向かい合う。美紀は驚き、体を横にずらそうとするが、混
み過ぎているのと、後ろに背負ったプラダが邪魔でまったく動けなかったようだ。両手
に持った荷物のせいで、彼女の手はやや開き気味で固定されている。後ろからどんどん
人が乗り込み、美紀のふっくらとした下半身が、私の股間を優しく圧迫する。私は、右
手に持ったジャケットを自分の胸元に持っていき、美紀の下半身全体を周りからの死角
にする。最後に2?3人乗り込んだところで、デッキは完全に身動きがとれなくなり、
列は動きを止めドアが閉まった。回りを観察すると、私の後ろは背中合わせに中年女性
が乗っており、美紀の後ろは強引に背中から乗り込んだ、30台のサラリーマン風。大
丈夫だ。向かい合った我々を怪しむものはいない。

前回同様、京都までの15分は然したるアクションを起こさず、美紀のおまんこの感触
を勃起したちんぽで楽しむ。美紀はやや伏し目がちで、下を向いたままだ。電車は、京
都に到着。結構、人が並んでいて、もう絶対入れないと思っていたデッキにも2人ほど
強引に乗り込んできた。美紀との密着度が増す。この瞬間、右手にもっていたジャケッ
トを胸元にそのまま残し(二人の密着で落ちない)両手で美紀のヒップを抱え込む。美
紀は驚きと怯えの目を私に向け、なんとか私のてから離れようと左右に揺れるが、私の
勃起したちんぽを恥丘の膨らみで左右に撫でつけ、刺激するだけ。電車が京都駅を出発
した。さぁ、これからが勝負だ。

まず、右手を美紀の細い腰に回し下半身を引き寄せ、左手を下にずらす。スカートを少
しずつ持ち上げてゆく。美紀は、右手に持っていた、紙袋の手を放し、私の左手首を掴
むが、あくまでも行為を阻止するためで、周りにアピールする気がないのは先刻承知。
そうなれば、力勝負だ。華奢な女に負けるわけがない。美紀は、手首を掴む力を徐々に
緩めていく。スカートが捲れ上がりパンティー越しにヒップの感触を楽しむ。ちょうど
アナルの部分に人さし指を充てた時、美紀の体が「びくっ」と硬直し、ちんぽを刺激す
る恥丘の圧迫を強める。

ヒップ側からは、それ以上前に攻め込むのは難しいので、美紀との密着を少し緩め、左
手を美紀の前に回す。スカートをたぐり寄せ、すぐに捲り上げる。パンティーの上から
美紀のおまんこの感触を楽しむ。今まで、ちんぽでしか味わっていなかったのでよく分
からなかったが、美紀のおまんこは恥丘がやや高めで、柔らか目。ただ、脂肪が乗って
いるのではなく、ぷりぷり跳ね返すような感触だ。下腹にも無駄な肉はまったくない。
美紀は、目を強く閉じ、下を向いている。自分のジッパーを下ろしトランクスの中から
勃起しきったちんぽを取り出す。美紀のスカートの中に入れパンティー越しにおまんこ
に擦り付ける。熱気むんむんのおまんこ(といっても濡れたり、感じたりはしてない様
だ)に擦り付けながら、感触を楽しむ。時折、美紀は体をずらそうと、体を左右に振る
が、右手が美紀の腰にがっちり食い込んでいるため、どうにもならない。

車内アナウンスがあり、まもなく名古屋に到着するようだ。美紀は、東京まで行くこと
は、分かっているので、一度身繕いをする。状況が許せばあと2時間は楽しめるのだか
ら。名古屋駅に電車が入ると、私の近くにいた男性が「降ります」と言いながら、人を
掻き分け始めた。私は、その男性に押され「仕方なく一旦外に出る」という体制をとっ
た。美紀は、私が離れたことを明らかに喜んでいる様だ。しかし、ドアの外には出ず、
美紀の背後から、流れ込む人に任せ、中に押し込む。ドアが閉まった時には、先程と同
様の密着度。ただし、今度はバックから美紀に攻め込める。幸い、胸元にある美紀のプ
ラダが我々の下半身を隠してくれる。

早速、ヒップ側からスカートを捲り上げちんぽを取り出しパンティー越しに彼女の股布
のところに滑り込ませる。2?3度ちんぽの上側でおまんこの軟らかさを楽しんだ後、
ちんぽの角度をやや鋭角にし亀頭部分で大陰唇の感触を楽しむ。美紀は、もう殆ど抵抗
しない。両手をパンティーの後ろの上側に持っていき、少しづつ下ろす。さすがにかな
りの抵抗を示すが、声を上げる訳ではないので、無視する。パンティーをヒップの下側
まで下ろし、ちんぽを美紀の股間に滑り込ませる。美紀は、うろたえながらヒップを左
右に振ったり、右手で捲られたスカートを下ろそうとしたりしているが、たいした抵抗
ではない。

左手を前に回し、パンティーを前からも下ろし、おまんこがあらわになる。陰毛は上品
に薄めで、毛も細い。生でおまんこを触った感触は、ぷるんと弾き返す弾力性があり、
やはり、若さを感じる。散々揉みまくったにも関らず全く濡れていない。おまんこの入
口はぴちっと閉じていて、どうやら処女のようだ。もし、美紀が処女でなければ、バッ
クから挿入するつもりだったが、残念だが、諦めなくてはならないようだ。前に回した
左手で股間に這わしたちんぽを掴み亀頭部分をまだ、堅さの残る膣口にあてがう。ゆっ
くり、膣口の感触を楽しみながら、射精しようと思っていたが、美紀の抵抗がだんだん
強まり、ヒップと膣口でちんぽ全体を刺激し膣口の浅い部分で射精が始まった。美紀は
振り返り、怯えた顔で私を見つめるが、かえってそれが興奮を呼び、大量のザーメンが
美紀の股間を濡らした。

時間は、まだ1時間以上あったが、これ以上はやばそうなので、パンティーを上げてや
り、残りの時間はパンティー越しにペニスをヒップに押し付けるだけで我慢した。美紀
は全く抵抗を見せなくなり、ただ、目を閉じて時間が過ぎるのを待っているようだった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Click Here!
コメント
Click Here!
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kannnou777.blog120.fc2.com/tb.php/341-ee4847ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。