FC2ブログ

至福のデルタ地帯

ここでは、至福のデルタ地帯 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の話です。
○西線7:30ごろの快速。いつものように後ろから3両目の車両に彼女はいました。
その電車はいつもは○安駅からが楽しいのですが、その日は前の電車が早めに出発し、
またじゃっかん遅れぎみに出発したため、乗り換えの女の子たちも大量につんで
発車しました。ドアがしまったときにはすでに最高の体勢。私のあそこは彼女の左側
密着し、右手は最初から自然の流れで彼女の右のおしりを包み込んでいました。また
その右手は女の子3人のおしりのデルタ地帯で完全死角のうえ甲のほうもきもちいい
至福の状態。そして左手も流れで彼女の恥丘を包み込んでいました。彼女はスプリング
コートをおっぱいのしたに両手で抱え込む体勢で左手も死角。
彼女は最初びっくりした様子でしたが目と目があっておとなしくなりました。
そこからは両手同時進行。右手の小指サイドで割れ目をなでながら反応を楽しみ、指を
5本おしりに立てて見る。顔はずっと見える状態なので目を見ながら。彼女はちらっと
こちらを見ましたがまるで抵抗せずむしろ楽しむような笑みを浮かべうつむきました。
そこから私の動きはさらに加速し右手の中指で激しくおしりの割れ目をクリクリしながら
スカートをたぐり寄せました。ほどなく私の指は彼女の下着に届きました。そこで
初めて彼女が素足だったことにきずきさらに興奮、もちろんびんびんでした。
左手もすでにスカートのなかで下着のうえからクリトリスを触っていました。
私はまるでユーフォーキャッチャーのアームのように彼女を前後から挟み込み電車が
揺れるだびに奥へと入ってゆき左手の中指はあそこを、右手の中指はおしりの穴を
もうノーマルなSEXのときのように愛撫していました。
私も股を開きながら体勢を低くして行き、彼女の視線の高さで並びました。
そのとき彼女はすでにこらえ切れないといった表情。ほんのり赤みがった顔で、しかし
回りにきずかれたくないらしくさらにうつむきました。そのころから私の左手は染み
出したジュースを感じ始め、さらにあそこがぱっくり開いてゆくのがわかりました。
そんな体験は初めてだったのですが、こんなチャンスはもうないかもしれないと思い
左手の中指と人さし指に体中の全神経を集中させ下着の縁をつまむように持ち上げ指を
滑りこませました。まさに滑り込んだという感じ。瞬間、アッと彼女が小さく声を上げ
どきっとしましたが私たち2人以外みんな背中を向けているという状況でそこから電車を
降りるまでさらに感じさせて上げました。
彼女の半開きになった口からよだれがたらっとたれた瞬間電車は○場町駅に到着。彼女は
降りていってしまいました。
追いかけようかとも思ったのですが、仕事も休めなかったので、我慢して
私の降りた駅のトイレでオナニーしました。会社についたらまたすぐ元気になり
会社のトイレでも。
その彼女を今日久しぶりに見ました。まだまだ楽しめそうです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Click Here!
コメント
Click Here!
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kannnou777.blog120.fc2.com/tb.php/375-d7ad39a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。