FC2ブログ

若い痴漢もいるんですね

ここでは、若い痴漢もいるんですね に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二十歳のOLです。
痴漢っておじさんがするものとばかりと思ってましたが、私が遭うのは若い痴漢ばかりです。

私の初被害体験は中2の時でした。

学校帰りは、よく本屋に寄り道していました。
その日もよく行く本屋で雑誌を探していたら、本棚越しにいる男の人と「バチッ」と目が合ってしまったんです。
私もいけなかったのか、人と目が合うと「ニコッ」と微笑む癖があったので、
いつものようにニコッとしてしまいました。
その人(高校生くらいのお兄さん・結構カッコよかった)も少しニコッとしてくれて。
でも、それだけの事と思ってたのですが…。

欲しい本が無かったので、歩いてすぐの、別の本屋に行きました。
本を見てたらまた、さっきのお兄さんが店に入ってきました。
私と同じで本を探しているのかなぁ?と思ったら、私の後ろを通る時、
近づいてきて耳に息をフゥ?っと吹き掛けて来たんです。
ビックリして、私はその店を飛び出して、今度は自転車で5分くらいの本屋に行きました。
やっとお目当ての本があって、中を少し読んでいたら、誰かが私の背後にピッタリとくっ付き、
何かが私のお尻に押し付けられてきたのが分かりました。
少しだけ振り向いたら、さっきのお兄さんでした。

お兄さんは、股間?を私に押し付けながら、制服のスカートを少しずつ捲り上げ、お尻を触ってきました。
お兄さんのハァハァ…と息い荒が、私の首筋にかかってきました。
狭かったけど、ちょっと薄暗いお店で、店の奥でされたので、
レジにいる店員さんも気付かぬ様子。
初めての事で、恐くて声も出せなくてしばらく動けなかったけど、お兄さんを振り払って本を買って、自転車で逃げました。
しばらく追いかけられて、何とか巻いて家に帰ったけど。。

痴漢って、おじさんがするものとばかり思ってたんで、あんなに若くてカッコイイ人がなぜ痴漢!?と、衝撃を受けました。

社会人になって、電車通勤をするように。
もう、車内では行きも帰りもやられっ放しです。
朝の電車では私が乗る駅から2つ目から乗る人(顔は全く分からない)に、毎日お尻から太腿にかけてギュウッと掴まれてます。
ただ、その人は、それ以上は無いので、車内も身動き取れないし、私も面倒くさくて「さわらしとこう」くらいの気持ちです。
↑私のこういう態度もいけないんだと思いますが…

どちらかというと、問題は帰りで、ホームで並んでる時に、
混んでるのを利用?して、背中にピッタリくっついてきてお尻に股間押し付けられたり(一番多いパターンです)
ビックリなのがまだ空いてる時間なのに、車内で私の目の前に立ったおじさんが
真上から私の胸を覗き込んで、おもむろに触られました。

でも、やはり若手の痴漢の手口には、おじさんより度胸があるというか、恐いもの知らずで驚かされます。

先週の仕事帰り、その日は電車が空いてて座れたんですけど、車内ガラガラなのに、私の後に乗ってきた男の子が、わざわざ私の横にピッタリくっ付いて座ってきたんです。
ナップサック持っていて、予備校生ふうの男の子でした。

電車が動き出し、その子は着ていたジャケットを脱いで、自分の膝にも掛けたんですが、私の膝にも覆うように掛けてきました。
(ん?何だろう?)と思っていたら、その子が私の膝の辺りをさわさわと触り始めました。
この日私は、ミニスカのスーツ着てました。
この時も、すごいビックリして声は出せませんでしたが、その子の横顔をまじまじと見てしまいました。
色が白くて真面目そうな、ちょっと市○隼○似の子で、
(こんな事しなくたって、モテそうなのになー)と思いました。
その手がたどたどしくて、なんか同情してしまって(膝、触るくらいならいっか)と、そのままにしてたんですが。。

私が何も反応ないから、勢いがついたのか、その手がだんだん膝と膝の間に入ってきたんです。
徐々にその手は、スカートの中に入っていき、ショーツの近くまできました。
私はその子に小さい声で「…ちょっと。。」と言ったのですが、参考書なんて読んでるフリしてやめようとしません。

こういう時の私は、とにかく固まってしまって、身動き取れなくなってしまうんです。
大声で「やめて!!」とも言えないんです。
その子の手が、ショーツに触れたとき、ちょうど降りる駅に着いたので
一目散にホームに飛び降り、その子の方を振り返りました。
なんか、切なそうな?顔をして、こちらをじっと見ていました。

やっぱり「この程度だったら」なんて最初を許しちゃダメですね。。
痴漢って、自分が思ってるほど、そんなに甘い人たちじゃないですね。
若い人ほど大胆な感じがします。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Click Here!
コメント
Click Here!
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kannnou777.blog120.fc2.com/tb.php/376-9e0a7e98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。